読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【日刊レビュー】”人生最大の衝撃”・”今そこにある未来” オキュラス

無職が行く盟友巡りルンルン紀行。今日はFacebook社の一画に構えるOculus(オキュラス)へ。

積もる話もすっ飛ばして、超先端ガジェットのOculusのヘッドセットを被って人類がまだ見ぬ新兵器を存分に体験させてもらいました!!まさに百聞は一見に如かず。

それまで、誰もが「とんでもない体験だ」と漏らす感想を「なんとも大げさに」と思う自分もありましたが、最初の5分のデモを体験した後は「正真正銘にロストバージン級の新体験。やばすぎるだろ!!」と唸りまくり。

まさに、Facebook社の、この体験ルームで同じようにヘッドセットを被った人々が総なめで恋に落ちてく夢の体験。

案内役にしてパイオニアのGOROmanが直々に次から次へと投入してくるコンテンツの津波に存分に溺れさせていただきました。

やってみてびっくり、拡大縮小できる彫刻  

VRの新兵器、オキュラス タッチ。思わず「両手にWiiリモコン持ってどうすんの?」という事前の予測はまるで外れ。

完全に未来への鍵。ApplePencilすげぇとか言ってた自分が超バカじゃないと思うほどのスーパーデバイス。

手に持った瞬間にビビるのが「え、手がある?俺の手が!!」と見える目の前に両手が完全なトラッキング精度で飛び出るのにまず度肝を抜かれ。

VR空間にあるものに触れるのに驚きまくる。映像がUE4で綺麗なのはもちろん、とにかくなにもかもがショッキング。まさにマトリクスで目覚めたネオみたいな超衝撃。

全てが楽しかったけど、特に可能性を感じた一つが彫刻。

空間上にバリバリ造形してけるんだけど、ちょいちょいっと作ってクパッと広げたらブワッとでかくしたり小さくしたりできるんだけど、小さい雪だるま作ってぐわっと広げたら目の前にゴジラ並にでかくなった雪だるまがいっちょあがり。

こんなん楽しすぎて1時間くらい勢いでディズニーランド作っちゃう人とか続出しすぎてしょ。

まさにブラックホール並みの没入感、ブラックホール入ったことないですが。

これが本当の次世代インターフェース

しかし、Wiiリモコンと言えば、むしろ失敗したデバイス。直感的なようで、できることに限りがあり、今時のゲームはしにくかったと言えます。

そんな難しいデバイスに未来はあるのか??と思ってたら、あまりの直感さに腰が抜けたのが「仮想空間の手」の存在の万能性。

例えばヘリを操縦するとしたらどんな操作になるのか??などにあまりに直球の回答で晴天の霹靂。

ズバリ、目の前の操縦桿を握ればヘリが操縦できるし、その手を離して、隣の機関銃を握れば銃を撃てる、そのまんまの行動がそのまま反映される、完全な仮想世界でした。

実際、そんなデモじゃなかったのですが、とにかく触ればそのまま物理的に動くレバーやボタンに大喜び。

その辺のゴミを拾っては(VR空間上の)ボタンに投げつけて操縦できたりするのにゲラゲラ笑いながら「ウォオ、ちゃんと動くよー!!俺これ一生やってられるわ!」と完全に現世を捨てれる勢いではまり狂いました。

www.youtube.com

VR空間のチャットやってみませんか?

GOROmanの案内で次に出てきたのはチャット、VR空間上にチャットの相手が出るだけ「まぁ、そういう実験もされてるんですね」程度に思ったのもやはり罠。

目の前にチャット相手のアバターが出た後

「卓球のラケットとボールがその辺の落ちてますよ」と言われてさぁ大変

「え、まじ!?」とおもむろにラケット握ってサーブ。

VR空間だと重さがないのでサーブスピードが早く、豪速球でボールが飛んでくのも相手のGOROmanの体に当たるのもゲラゲラ笑いながらボール拾っては本気のスマッシュでぶつけあう応酬。

次にライターに火をつけて相手に差し出し「え、タバコ吸えるの?」と思いきや「花火も落ちてるんですよ」と花火に火をつけてシュワシュワーっと綺麗に始まる。もう発狂。

同行したdrunkenANDO氏も「花火は一度に一つづつ」の禁を破ってライター片手に落ちてる花火に火をつけてはほっぽり出しのコンボで10個くらいのドラゴン花火を盛大に着火するわんぱくぶり。

もう、息を切らして遊びまくり、ヘッドセットをつけてることも忘れ、目の前の(仮想世界の)テーブルに手をかけようとしてコケかける。

GOROman曰く、さる有名監督もこの部屋で同じパターンで見事にこけたとのこと。そうした落とし穴も研究の一幕でしょうか。

www.youtube.com

その他いろんなゲームを遊んで未来を考える

ゲームもいろいろ遊びましたが、本当に目の前にある、というか、普通は目の前で見るが精一杯だった世界に入り込める革命性で言えば、格闘ゲーム(ボクシングやプロレス)ならリングに入って目の前の選手を動かせるし(むしろ選手になれる)野球だって内野席どころか審判の視点でピッチャーの豪速球を見ることができる。

箱庭タイプのRTSも遊ばせてもらいましたが、まさに目の前にある箱庭にキャラクターがひしめいて戦ってる。恐ろしや。

仮想の手でその箱庭に手を突っ込んでキャラを摘むことだって朝飯前の仕組み。なんすかこれ、ドラえもんにもらったんすか。

そんな世界がもう間もなく、ご家庭に売られてしまうってんだから果てしなく恐ろしい。

www.youtube.com

つきまとう普及の議論と参入タイミング

もうじき発売とはいえ、最初はそれなりのお値打ち品だろうし、抵抗も存分にあることは誰しも思うもの。それこそネットや携帯の普及に5年10年かかったような時間を要すると誰もが口にします。

キラーコンテンツが出て、普及価格帯である2万円代くらいになったらそんな議論も解消されてくと思いますが、iPhoneの登場時に「普及価格帯?俺がなんとかするわ」で孫正義があっさりiPhoneゼロ円キャンペーンを始めたように、SonyFacebookが「超投資体制作ったので、あとはキラーコンテンツよろ!」と時代を進める意欲は満点で万全。

すでに世界中の好き者開発者も雪崩のようにコンテンツ作ってるので、どこでキラーが出て普及価格帯が促進するか、が議論の焦点とも思われます。

まぁ、そんな話より気になったのは、これ絶対学校とかで導入するだろうし、それを我が物顔で管理するパソコン部とかは普及するまでの数年の間、超ヒーローでしょう。

文化祭とか長蛇の列で皆見たがるだろうし、贔屓の女子にはあのGOROmanのようにデモを見せたり「もっとヘッドセットしっかり固定しよう」とか、VRの世界でイケメン的にマルチプレイを先導したりとか、それなんてエロゲー的な世界が2016年で世界の学校で確定で始まるのではと思うと、なんともたまりません。

 人生最大の衝撃

 そんな衝撃の体験をこれから雪崩式に人類が経験してくってのはファミコンが出てスーパーマリオテトリスに人類が丸ごとはまるとか、そういうレベルのブツなわけですが、それをして「人生にとって最も衝撃の出来事」と見切って全コミットした男が巷で噂、奇しくも旧友あるGOROman先生。

Oculusが出た2年前、日本で1早く入手してVR空間の開発をしたってTweetを見た瞬間に見せてもらいに行って、そのまま朝まで飲み交わして、彼の「次はこれだと稲妻に打たれたように確信した」という話を聞いて、そのスタミナと嗅覚に「どんだけ野生のままなんだよ」と思ったんですが、その野生の進撃ぶりは2年間順調に発達しつづけ、とうとうFacebookにジョインまでして実際にOculusと日本のVRを牽引するまでに。

「これは人生最大の衝撃」と言い切ったあの日こそ、彼の才能の根源であり、その成果の山を津波のように魅せられたのは言葉に尽くせない感動があります。

特にこのブツはこれからも多くの議論、物議が醸されるとも思いますが、そこに対して「これはとても大事なものだ、人生で一番大事だ」と天命を見極めたものが切り開いてくれるが故に、こんなに早く家庭に届くんだと思いました。

自分も頑張ろうと思いましたが、同時に、あんな廃人養成ギプスが間もなく世に出ると思うと戦慄ですね。

 

【日刊レビュー】3年越しの新刊!よつばと13巻

 

連載ペースは落ちに落ちて、年に二話進むかどうかで3年ぶりの新刊。

しかし、 一話目のあさぎ姉さんとよつばの亜空間マッチでがっつり引き戻され、もはやペースや締め切りを気にするより、この稀有な世界観をテンション落とさずに続けてくれれば人間国宝もんでしょと思うような漫画。

この漫画は数話読んだら誰でも全巻読みきってしまうとてつもない魔性の普遍性を持っていて、サザエさん、ちびまるこを超える力を持ちながらも、凡人には再現不可能な完成度故に量産性に問題があるのかと。

こちらのサイトで結構読めるみたいなので、未経験者は時間泥棒に重々お気をつけください。

【日刊レビュー】秋葉の新名所?豚しゃぶ「舞豚」本日オープン!

古くからの盟友が秋葉のはずれ、末広町のちょっと先にこだわりの豚しゃぶ屋をオープンしたとのことで、オープンセレモニーにお呼ばれ。

f:id:hotmiyacchi:20151201095622j:plain

えー、話に盛り上がりすぎて写真が全くないw

おそらくこれはこだわりの3種盛り。せっかく、どんだけこだわりなのか説明してくれたのに雑な説明ですいませんm(__)m

豚のうまさも素晴らしかったですが、ユニークだったのが「豚汁」と「ネギダレ」。

特に「ポン酢・ゴマ」以外の3種目のタレとして新装備となったネギダレは格別な体験。無論、豚が主役なんですが、普段口にしない立派な肉をユニークな食べ方で食べるスペシャルスポットとして話題になるのではと期待します。

オープンしたばかりもあってピカピカだし、飯はうまいし、盟友の新たな門出を祝ういい夜でした。

また行きます!

 

【日刊レビュー】赤坂見附駅前のステーキハウス「クニ」300グラムで1200円!

ステーキハウスで名前が「クニ」ってなんだよって突っ込んだら負けな気がします。

f:id:hotmiyacchi:20151129151821j:plain

土日限定みたいなんですが、千二百円で300グラムの分厚い肉がモッシャモッシャと食えるのが熱い。にんにく無限につけてとにかく肉を貪り喰う。

言うべきことは以上w

 

tabelog.com

【日刊レビュー】遂にゲット!!!本当に次世代の扉なのか?!Apple Pencil

f:id:hotmiyacchi:20151129114322j:plain

我ツイニApple Pencilヲテニイレタシ 

通販なら4〜5週間待ち、ヤフオクなら4万円とかになってしまってるApple Pencil。

私も諦めつつもApple Storeで5週間待ちの通販の最後尾に並んでいましたが、さる筋から「Appleストアなら、朝に少量入荷してることがあります!」と聞き、遂にゲット!!K村さん、お世話になりました!

f:id:hotmiyacchi:20151128140258j:plain

 

税込みで1万3千円弱のペン

使用感の前に、やっぱ感じるのはやっぱ「タケェよ!」

1万3千円とか、大学の入学祝いに一生もんの万年筆貰うとか、そんな世界観のお値段。

無敵の描き味&縦3画面ソリューション

描き味の感動は既に各所で言われた通り抜群!

早速、溜め込んでたスケッチタスクを2〜3個消化して、進捗率のアップは投資以上で満足!何より楽しく快適に仕事ができる事に勝る事なし。

しかしここで気になるのは、これが今後のアートスタッフのベスト環境をリプレースするものになるのかどうか。

私はアートなんてとても言える柄じゃないものの、これに慣れたら、この先これしかないじゃないかっていう快適感。

まさか縦に3画面(iPad+MBP+外部ディスプレイ)のマルチディスプレイで作業する日が来るとは思ってませんでしたが、これが今後のスタンダードになるのだろうか??

f:id:hotmiyacchi:20151128231255j:plain

MacがPencil対応すればそれでいいんでないすか

しかし、初めての液タブ環境に喜んでたものの、確かに手書き環境としてほぼ最強になった気がするものの、Macの画面をわざわざアプリでクローン表示するより、Mac自体がタブレットになってしまえばそれでいいんでないかと言う感は否めない。

いつか未来にそうした要望が叶うとしても、今の環境はそれまでの中間的なソリューションな気がしないでもない。

しかし、Apple製品は次の製品が出るまで一切値段が下がらないので、中間でもなんでも「これがベストか!」と思ったら速攻投資した方が効率いいので満足。

もう少し見えてきたらアートスタッフ達も導入してくんじゃないでしょうか(今はアートスタッフどころか一切スタッフいないですが)

 

f:id:hotmiyacchi:20151129113453j:plain

何より子供が大喜びででかい画面でバリバリ絵を描いてるのを見るに、久々にiPadのポテンシャルを感じました。説明不要でキビキビと動くデバイスが織りなす感動はアーリーアダプター冥利に尽きます。

 

早く廉価して対応も増えて欲しい

Apple PencilもiPadも初物としてとんでもなく高価でしたが、そのうちiPad miniでも使えたり、半額の7000円くらいになったり、大量消費製品に下がってきてくれれば、開発チーム全体の創作力が上がるのは間違いないと思うので非常に嬉しい商品だと思いました。

自分もそうなんですが、1万3千円もするPencil買ったところで元が取れるのか?と思うものの、とりあえず元を取るまで仕事に使い込みたくなる楽しい新ガジェット。

躊躇なくメモを開いてスケッチを1ページ余計に書けるモチベーションアップに乗ってしばらく頑張ってみたいと思います。

 

【日刊レビュー】男なら観ろ!ブラックレイン

仕事中のテンションを上げるサイドスクリーン映画として抜群のリプレイ率の一作。 

監督のリドリースコットにして「最高の悪役」と言わしめた松田優作の遺作にして、ニューヨークに迷い込んだYAKUZAと凶暴とセックスシンボルの塊こと刑事マイケル・ダグラスの激突。おまけにアンディ・ガルシア高倉健まで付いてくる。

ついでに言えば撮影はヤン・デボン、音楽はハンス・ジマーだ、数え役満でダブルまでいくぞ。

もう配牌で字一色か?ってほどの空気感とサウンド。そこからアクションシーンへ移る緊張のグラデーション。たまらん。

ラストシーンからクレジットロールまでのテンションのつなぎが大好きで未だに「あそこだけ見よう」と思って起動したら、結局最初から最後まで見る羽目になる。そんな映画。

多少古い映画なので観てない紳士もいるやもですが、男なら観ろとしか言えない名画です。

【日刊レビュー】レビュー4.1は伊達じゃない!百観音温泉

 百観音温泉 埼玉県東鷲宮 源泉かけ流し 美人の湯

 

ふとしたことで南北線の終着駅、浦和美園まで行く羽目になって(社内に忘れ物したら終点で捕獲された)しょうがないので近所の面白スポットでも探すか、でヒットしたのがこの温泉。

大当たりだったので徒労感も解消、温泉マニアとしても特筆に価するいい温泉でした!

すげー広い!

関東界隈のスーパー銭湯、温泉をかなり制覇してきましたが、その私の視点から見て、ここは別格に広い!!駐車場からして並じゃない大きさ!

広さに比例していろんな趣向の風呂があって、面白い!

 

お湯がいい!

黄金色のいい色!いい匂い!源泉掛け流し故のピカピカの濁りのない広い湯船!実に快適!

素晴らしい泉質でした!

激アツ!

源泉掛け流しの重要ポイントである温度!

これがクソ暑いことに46度!

もちろん適温に調整されてる湯船もありますが、46度の湯船もあって非常に挑戦的。

しかもチャレンジャーたちの背中を押すように、激アツの46度の掛け流しの湯船の前に水風呂!

素で46度の風呂なんか入ったら誰でも出川哲朗化してしまいますが、水風呂で耐性をつけて限界突破的に入る激アツ風呂は最高!

水風呂<>激アツ風呂の往復がたまらないっす

 

 休憩所もベッドがたくさん設置してあるタイプで疲労回復施設としても完璧。

近場なら間違いなく立ち寄りたい良い温泉でした!