読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【セミナー】やれば出来る!ヒットiPhoneアプリ開発&リリーステクニック <に出ます

来る11月29日(月)に秋葉の馬鹿でかいセミナーホールでの講演が決まりました。

【セミナー】やれば出来る!ヒットiPhoneアプリ開発&リリーステクニック

ぶっちゃけ有料です。すいません(^^;

でかいところで空席が目立つと寂しいので、是非その手のことに興味ある知り合い兄弟親戚同僚上司部下幼なじみなどいましたら、一声「騙されたと思っていってみなよ!」とお伝えいただければ幸いです。

そして去る9月中頃にCodeZine様という硬派よりな技術情報サイトの主催による講演をしたのですが、その名も

iPhoneゲームのトップクリエーターが語る「iPhoneアプリ成功の方程式」

という、たいそうハードルの高い講演でして、大ボリュームの3エピソード一挙公開、講演内容はそのまま連載記事になると言う野心的なプロジェクトでした。

連載第1回「iPhoneアプリ成功の方程式〜企画編」
連載第2回「iPhoneアプリ成功の方程式〜プロモーション編」
連載第3回「iPhoneアプリ成功の方程式〜開発・制作編」

いきさつとしては「CodeZineのモバイルへの挑戦表明に2時間枠で”iPhoneで成功するには!"と内容濃く講演をお願いします!」という依頼をいただきまして、あまりのハードルの高さにいろいろ悩んだのですが、他所では語られ無い地道で生臭い話を掻い摘んで紹介ってそう言えばあまりないよなぁ、と思って挑戦したのがこの講演でした。

結果的には募集を遙かに超える応募と、連載記事もCodeZineのアクセスランキングを一挙に1〜3位までを独占!しかけたという勢いだったのですが(結果的には1,2位独占+4位とかだった)

そんなDOYA話はさておき、この講演ではiPhoneアプリ開発への世間の関心の高さを垣間見た事態でございました。

唯一の心残りは記事中の私の顔が疲労でイっちゃってて、こんな顔した人の記事読みたくないよなと客観的に思ったのですが、最近のベストショットはこちらなので、

こっち↓の印象のままだとイタたたたなのですが、やはり体調管理重要だなと思うしきりでございます。


さてここからが実は本題、今度の秋葉での講演は内容としては出来るベストを尽くす所存なのは間違いないのですが、もしホントにご参加いただける、という方がいたら以下のポイントを知っておいていただけると気が楽?なので、ちょっとお知らせです。

講演ポイント1・生々しい話の数々

生々しい、というと暗い話を意味することのが多い気がしますが、iPhoneブームが来て2年あまり、うすうす、というかはっきり思うようになったのは「スマートフォンブームはクール!」というか「賢い選択で大成功!」という、知っておとくな情報の数々、は、個人的にはちょっと食傷気味な感じだったりします。

なぜならば、それらの賢い話を知った上で闘ってる人達と勝負しなければならないのと、多くの人が求めてるのは自分のアプリがそうしたアプリの山からぬきんでて売れることじゃないですか。

そんなわけで生々しい話というのは「こんなイイもんありまっせ!」は当然として、実情の話、そんなイイモノを平等に世界の人がもってガチの戦いをしてるなかで、どこまで踏ん張るべきか、どこまで深い戦いになってるか、といったことをお話にまとめました。

とはいえ、やろうと思えば追求はどこまでも出来るわけで、私が、どうしたさじ加減でこれまでのゲームをリリースしてきたか、ご参考になればという形でお話したいと思いますし、そうした意味ではどれも超難しいものではなく、まさに「やれば出来る!(でもぶっちゃけ皆あんまやんないんだよね)」な話をご紹介できればと思います。

講演ポイント2・今のベストの講演=前回講演と被り多し

とりわけ事前にお知らせしておきたいのは、前回講演も今回の講演も、よりよい成功のための開発とリリースの要所、ということなので、そうした基本要素を語るからには被りが多い、というかスライドも一部更新くらいな上に、従来の講演はダイジェストで記事にまとまってますし、あまつさえスライドも動画も公開されてます。

無論、アップデートすべきところはアップデートするのですが、やっぱ自分がベストと思って書いたモノってそうそう変わらないので、被りも多いし公開してる話で有料講演ですいません、、、とは思ったりもします。

とはいえ、↑の記事などはダイジェストというか、特に生々しい部分はカットなので、得る情報としては当然講演にご来場いただくのとスライドを流し見るのは段違い、というか私のスライドはほとんど文字がないので(一枚絵主義)読むだけではわかりにくい資料だったりしますが、見て参考になりそうな感じでしたら、是非実際に聞きに来ていただければ幸いです。

講演ポイント3・ゲームエンジン紹介を追加

前回講演と被ってるとは言ったものの、最近のアップデートとしてはUnityなどを初めとしてゲームエンジンの進歩がめざましいというか、まさに市場の仕組みを変える勢いなので、そうした話を特にモリコンでいきたいと考えてます。

講演ポイント4・大ボリュームの2.5時間

企画・開発・プロモーション

の3コマなのですが、iPhoneはおろか、開発系の講演で一人の人が2時間以上ぶっつづけ(休み時間は挟みます)でこんなリアルな話をするのって世界でも見たことないと思うのですが、こうした画期的?な構成(ハードル)を考案いただいたCodeZine様の硬派ぶりに感謝?

前回は後半ふらふらだったのですが、今回はスタミナつけて頑張ります。

話題のスクール・RainbowAppsにツイに登場

実はRainbowAppsの講師としてずっと名前を掲載いただいてるのですが、ぶっちゃけ開校時の一回登壇しただけで、これが初の授業(講演)だったりします。

通常の授業枠とは別の特別講義枠ということで、生徒さんにも割引きながら受講料も別になってしまいますが、なんといっても立派な会場をご用意いただいてしまい、ハードルも経費もアップ?なので、より広く皆さんに知ってもらおうとこんな告知記事も書かせてもらいました。

前回の講演で印象に残る質問で

「なぜ、そこまで、手の内をおしげもなく晒してしまうのですか?」

と聞かれたのですが、

なんと言っても、より新しい、充実した情報を出していくことで、仕事仲間も増えますし、講演を聴いてくれた方と働くことも多いのです。

そんなわけで、上記内容にご興味持っていただけたら足を運んでみていただければ幸いでございます。

長い告知記事で大変失礼致しました!!

そして最後に、今最も手の内を晒してる方をご紹介(^^)

「101のヒント」&「もとまか」デザイン開発秘話

iPhoneを盛り上げたい!」という気持ちでここまで惜しみない努力をする姿勢に脱帽、私も見習って頑張ります!