読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

次弾装填用意

意味を込めようとして変なタイトルになってしまいましたが、なんかの折りにご周知しなければ、、と思いつつ、延び延びになってしまってるゼペットの今後のリリースの話などを大発表?です。

現在、iYamato2.0やiCarShootというタイトルを発表しておりますが、iYamato2.0はiYamatoのバージョンアップというノリながら、色々と盛り込みすぎちゃって、想定よりはるかに重い仕事になってしまってちょっと寝かし気味、申し訳無いですが遊べるのは寒くなった頃になりそうです。

そしてiCarShootは、実は先日の発表段階では壮絶なまでの仮バージョンで

この動画、ぶっちゃけ背景のほとんどが私が適当に引っ張ってきたあり合わせ!?という凄まじい状況で作ったトレイラーだったりします。
コースが出来たら背景デザイナに回す、という工程なのですが、この時はいろいろ間に合わなくて、、、という感じだったのですが、現在はまともな背景デザイナさんも入って、仕掛けや演出テンコ盛りで4皮くらいムケたゲームに変貌中。
ある意味欽ちゃんの仮装大賞レベルからハリウッドレベルくらい変わります。

痛車の編集モードも出来てきて、こらー面白い!と思ったり思わなかったりっていうか面白いと確信できるところまで作り込んでリリースだー!でももうちょっと待ってね〜!っという感じ。

ある意味、iCarShootは3Dでもあるし、ステージ数も多くてゼペットのゲームとしては大がかり。その分スタッフも多く、連携でラグもあるので進行もピンで進めるiYamatoなどに比べると時間がかかります。

そういうこともあって、数人で進めるプロジェクトはラグの合間を縫って3ラインくらいは平行で進める感じなんですが、↑にある2ライン以外のなにかが、そろそろ卵の殻を破って飛び出てきそうな感じになりました。って遠回しな話ですね。

今後の話は、よーやく次世代っぽい内容というか容赦なく次世代なアプリになってくと思います。

実際問題、iPhoneの可能性は常々、開発現場で話せば話すほどハンパじゃなく深くて、上手く切り取ってアプリの形に煮込むのが仕事なんですが、従来のモノに並ぶ、越える、というのも今までの課題でもありましたが、既に別次元の遊びになってきてるってのは最近痛感するところ。

あんま言うとテンション下がるところですが、よーやくそんな企画も出来るようになって来て、今後の追求課題は尽きない感じです。

当然のごとくiPhoneのアプリは娯楽、ビジネスに限らず、3.0時代になって(ってあんま意識沸かないところもまだありますが)どんどん皮のムケまくった戦いになってくのは必然で、全力で戦いまくってます。が、最近遊べるもののリリースが伸びちゃってて反省ですが、モノが出るときに是非遊んで見てください。新触感開拓目指していろいろ進行中です。

広告を非表示にする