読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【日刊レビュー】なぜかスパイ映画だらけの中でMVP級の新作「キングスマン」

映画レビュー

いやー、面白かった!

なぜかスパイ映画が豊作だった2015年。どの映画も「スパイなんて時代遅れだが・・・」という前置きをしながら始まりつつ、近代的なリアルさを出してる昨今の風潮を「ピンチをチャンス」ばりにこってり味付けした新しいスパイ映画。

「スパイには新しい解釈が必要だ」と言わんばかりの斬新極まる展開の連続、裏切りとか陰謀とかとは違う、新しいスパイスでたっぷり楽しめました。

なんともまぁ豪快で超展開だけど、オチがいいのか「だったら、ハッピーエンドって解釈でいいのでは」と思わせる剛腕展開が凄すぎる。

スパイ的な秘密組織、秘密兵器などたっぷり出つつ、アニメ的な超悪役とかも素敵。

ラスボスのサミュエル・L・ジャクソンも安定した性能。

しかし、それらの言葉からは全く予想できない超展開の連打が本作の魅力。ここまで捨て身の物語ならではの到達点と思いました。

iTunesでの評価は平均3になってましたが、「通信障害でDLできねぇ!星一つ」が続出で私もDLにはまったのですが、作品自体の評価はこぞって腰抜かしました的な意見が多数見かけられて自分も手放しで褒めたい本作。

いやー、これはレンタルじゃなくて購入でもよかったかも。