読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【日刊レビュー】かっこよさの塊「スペクター」

映画レビュー

映画が安く見える109のということでやっと観てきたボンド最新作。

来週になったらスターウォーズ一色になるのは間違いないので滑り込みって感じ。

とにかくオープニングがむっちゃカッコえぇええええ!!!

フェードインして10分は釘付け!!!一発でボンドの世界観にフォーリンラブ。

史上最高に忍んでないスパイ達が織り成す大スケールの攻防戦にお話の中の世界の人たちも騒然。

多くを語るのも野暮、少しでもかっこいいかもと思ったら是非このオープニングは見て欲しい。

つーかここのとこのボンドというかMI6といえば「スパイなんて過去の遺物」という自虐ネタと、過去の遺物と思わせといて大繁栄してるスーパー悪の組織って文法と、とにかくハッキングしたもの勝ちでQの立場がガンガン強くなってる印象ですが、そうした世論背景も合わせながら、しっかり悪の組織は立派な宮殿を築き上げてくれてたり、美女と乗り込んでその努力の結晶を独自の裁量で灰塵にしてくマーダーライセンス007は、ある意味最も007らしい流れ。

ナイツの漫才が必ず期待を超えてくるような、ひねってよじれて途中でワープするような作り手の圧倒的な器量の大きさをしっかりエンジョイさせてくれました。

もしかしたらダニエル・クレイグ最後のボンドか?と思わせる演出も多いですが、その流れでエンディングががっつり007で、クレジット中も誰も席を立つことなくメインテーマを楽しんでたのも印象的でした。

映画はサム・メンデス監督の2連投でしたが、そろそろEAの新ボンドゲームもでねーかなと夢膨らむ劇場体験でした。