WWDC面白すぎ

初日のセッションがやっと終わった午後6時半。
朝の6時から基調講演に向けて並んで、その後ぶっ通しで新製品、びっくり発表、新機能のスーパーコンボを6時まで。

WWDCは製品発表の後は特にプログラマ向けの夢の新機能の説明が相次ぐので、ある意味GDCより楽しいかもしれない(GDCはひとんちの自慢の機能をたくさん勉強する日だけど、WWDCは基本的にAppleがお得なものを提供してくれる話に終始する)

どんな発表があったかを書き連ねると長いので語りませんが、間違いなく今日もAppleのヒーローぶりは全くもって健在しておりました。

つーかどれも素敵だけど、あえて言えばOpenCLはこれからまた新たな衝撃波を放つ可能性満々。いつものことだけど、既に同様の文化は他の会社が全然やってるけど、Appleがやることで浸透力、貫通力は間違いなく一般の人にささると思う。まさにユビキタス

あとは新作のゲーム(まだ審査中、もうちょっとで出ると思います)をお会いする方々に遊んでもらったのだけどおおむね好評で一安心。「ヤバイほど楽しい!」と”翻訳 JATranslate”の作者の渡辺氏がTwitterでつぶやいてくれて感動。

20人くらいにやってもらったのだけど、中にはわかりにくいという意見もいただけたので、早速ひっかかった部分は修正してビルド。その場で修正した最新バージョンをまた他の人にやってもらえるんだから歩く開発部気分です。修正は次バージョンで反映します。

そんなこんなで夜はパーティの連続。

それにしてもここ数週間ろくに寝れてません(寝れる日は超寝てるけど)
だけどふらふらの状態でもパーティ行ってお酒飲んでるとシャキっとしてくるから不思議です。

広告を非表示にする