iPhone開発記を公開開始

弊社のiPhoneアプリの開発記、第一回を公開致しました。
(内容はiNinjaのもの)

実際問題、こういった話を自ら作ってアップするのはちょっぴり恥ずかしい気持ちもあるので、照れ隠しにどんな魂胆があるのかもお話します。

そもそも、iPhoneでの仕事をするということはAppStoreでモノを売るというネット商売であり、そのAppStoreはとてつもないインパクトをもって始まり、新たなスタークリエーターがどんどん登場し、景気のいい、刺激的な話がメディアを賑わせる素晴らしいスタートを切り、まさにゴールドラッシュという感じもありました。

昨年のゴールドラッシュの予感と共に、アナリストからブルーオーシャン(競争のない未開拓な市場)である時間はわずかであろうとよく語られていました。そして今は立派なレッドオーシャン(競争の激しい市場)であると言えます。

ゴールドラッシュで儲かったのはツルハシ屋とジーパン屋だけ、炭坑入って金を掘り当てるのは一部の人、というのは歴史上の話にあらず、そうした意味では炭坑に入ってツルハシをふる(=ゲームを作る)以外の生業もリスクヘッジとして考えたいところ。

また、SEO検索エンジン最適化)としても、より多くのコンテンツを保持することで、開発資料をコンテンツとして見てくれる人(iPhoneを勉強したい人)がこのページを発見してくれる機会獲得にも繋がるだろう、という狙いでもあります。

実際、SEOというネットの仕組みも相まって、今はいろんなことを楽しく公開出来て、それが無料にしろなんにしろ、誰かの役に立つのならいずれは商いの糧になるだろう、というグーグル基本原理をお手本に、うちも手始めにという感じですが、ちょこちょこと弊社Webに並べていけたらと思います。

質問などありましたら、ゼペットの問い合わせフォームまでどしどしご応募ください。

広告を非表示にする