iWork始めました

Excel系の書類はOpenOfficeでいいや〜って思ってたんですが、プレゼン書くか〜って思うと、せっかくMacなんだからKeyNote使いましょうよ!って思ってiWork入れてみました。

まだちょっと仕様書書いたくらいですが、こちらの紹介ビデオ(この人何者?)を見て、ずっと使ってみようと思いました(笑)

http://webdog.be/archives/071023_224136.php

Office買いたくない、日常の雑事をこなしたい、ってくらいなら、OpenOfficeとかGoogleDocsで死ぬほど十分な今日この頃ですが「「やっぱ仕事で使うもんだから本腰入れてハイクオリティなものをびしばし作るぜ!」と思ったらやっぱOffice,それも2007かなぁ〜・・・」と考えてるならiWorkのがいいんじゃねーかと思いました。実際しばらくVistaとOffice2007使って、その後結局XPマシンに戻って2003入れて「あ、やっぱこっちのがいいや」ってなっちゃう人だったので、最新バージョンのOfficeに未練が薄い今となってはiWorkにすんなり乗り換えられます。

「世界中の人がOffice持ってて当たり前」と思うような時代が長かったですが、意外とおっきな会社に限って導入コストの問題とかでOffice入ってない人が多いのを見てきたので、iWorkだと標準でPDF書き出しがあるので、誰でも安心して読めるドキュメントを簡単に保存できるのが嬉しいです。(実際GoogleDocsのおかげでOffice書類を読めない人はいないわけですが、簡単さではPDFのが普及してる気がします)

PDFってぶっちゃけWindowsの時は全くもって好きになれなかった(とにかく起動は遅いしコピペしずらいしね)んですが、MacになったらQuickLookでスペースバー押すだけでぱしぱし内容見れちゃうんで、10年以上の付き合いですがようやく敷居がほぼなくなった感じです。

iWorkやらQuickLookで、書くのも見るのもWindowsから見れば信じられないくらいチョッパヤなので、Macになって仕事効率あがった感触はホントにでかいです。

Jobsの言葉、WindowsiTunesのことを「地獄にいる人に差し出すコップ一杯の水」はなかなか言い得てる気がします:-)

広告を非表示にする